不動産担保ローン

貸金業者から融資を無担保融資の二種類受ける場合、担保融資とがあります。通常、消費者金融や信販会社のような個人への信用貸しをしている業者は、無担保融資になります。銀行なども以前は土地家屋などを担保に融資をしていましたが、現在は消費者金融同様、無担保融資をしています。

担保融資とは、顧客が保有している土地家屋などを担保にして融資をすることで、不動産担保融資を呼称します。個人で不動産担保融資をする人は希少で、殆どは事業者などが土地を担保に利用しています。

このローンの特徴は、比較的金利が低く審査が簡素などがメリットで、貸す側からしてみれば、たとえ融資金が焦げ付いたとしても、担保に設定してある動産で弁済できることから、それほど審査を厳しくする必要もないのです。

逆に融資を受けた側からしてみれば、支払いが出来なくなれば必然的に動産が差し押さえになることから、ある意味無担保融資より厳しいといえるでしょう。

バブル全盛期、銀行は土地家屋を担保にどんどん融資をしていたのですが、土地評価額が下落したことから莫大な損失金を生み出す結果になりました。それ以降、銀行は不動産担保融資には慎重になったのは当然の結末で、今ではたとえ土地を担保にしたからといってもそう易々とは融資を漕ぎ着けないのが実情です。土地建物を担保としたうえで、貸付審査を厳格にすることで融資金の焦げ付きを食い止めようとしています。

information

サイト管理者