貸付限度額の設定

貸付限度額は借入審査の際に申込者の信用度に応じて設定されます。信用度が高ければ貸付限度額も高く設定されますし、アルバイトやパートのような収入の少ない人は貸付限度額も低く設定されます。また、現在の借入件数が多い多重債務者なども、信用度は低くなりますので、同様に貸付限度額は低くなります。信用の高い人で貸付限度額一杯の50万円が設定され、一番信用の低い人は10万円から5万円程度になります。

ただ、最初は設定額が低くても、毎月の支払いをきちんと履行していれば信用も高くなって限度額が上がっていきます。そして最大限度額の50万円を過ぎれば、金融会社は100万円までの設定額を提案してきます。

それを受けるか否かは顧客の選択ですが、もしも他に借入先があるのなら、100万円まで借りて他社の借入を返済していまったほうが得策でしょう。一本でも借入先を減らすことは重要なことですし、借金完済の第一歩が借入件数を減らしていくことです。

注意が必要なことは、いくら現在の上限金利が18.0%といっても100万円ともなれば、毎月支払う利息がかなりの額になってしまいます。利息を支払っていれば、なんとかその月はやり過ごすことは出来ても、これでは利息のみ支払って元金が一向に減らないことになります。

消費者金融側からみれば、このような顧客こそが上客になるわけですが、いつまでも借金漬けになっていては生活が前に進まなくなってしまいます。なんとか生活を切り詰めて、利息のみを支払うような生活から脱却しなくてはならないでしょう。

information

サイト管理者