多重債務者向け消費者金融のご提案

審査

総量規制対象外で審査の甘いキャッシングをお探しの方

借入件数4件以上〜6件以上ある方

他社の金融会社から借入件数が4件以上にもなれば、多重債務者扱いとされ、審査が厳しくなってきます。お金を貸す側からしてみれば、債務整理をされてしまうリスクが高くなるからです。銀行系の大手消費者金融や、中小のキャッシング会社なども融資を見合わしてくるはずです。中小のサラ金業者の中には、審査基準の甘い業者もありますので、中には融資が可能なところもありますが、貸付限度額は低く設定されるはずです。

なにわともあれ、審査で落とされてしまえば元も子もないわけで、先ずは審査に通る手段を考えなくては前に進みません。審査に通るには、自分の借金総額と借入件数を算出し、その件数でも審査を通過する金融業者を探すことです。そうすれば、審査に落とされることはないでしょう。 専業主婦

ただ、審査が甘くなればなるほど、借入条件は悪くなります。利息が高くなりますし、支払いが遅延した場合には取り立ても厳しくなってきます。審査が甘い金融業者は、取り立てに自信があるから多重債務者にも融資をするわけで、その自信の根拠にあるのは厳しい取り立てというわけです。

そのあたりの実情を理解した上で、融資の申し込みをしなければなりません。もっとも、借りたお金を毎月きちんと返済していれば、何も問題が起こりません。もしも何かしらの問題が発生して支払いが出来なくなった場合は、逃げたりせずに事情を説明すれば、解決策を講じてくれるはずです。

総量規制対象外

総量規制が施行されて以降、専業主婦や多重債務者への融資は厳しくなりました。特に、年収の三分の一以上の債務がある多重債務者への融資は法律で禁止されてしまったことから、事実上新規の借入は不可能になったといっても過言ではないでしょう。

新規で借りれなくなった多重債務者は、当然他社への返済が出来なくなり、最後は自己破産をするか、総量規制の 対象外であるヤミ金融に走るかの二者択一を迫られます。ここで大きな選択肢になるわけですが、たとえ対象外のローンで 借りたとしても、最後に帰着するところは自己破産になるだけです。それなら早い段階で債務整理をして、人生をやり直した ほうが余程得策かもしれませんね。

最新金融情報

お金
2015年7月27日
お奨め金融ランキングを更新しました。

0本日の限定貸付はコチラ

最終更新日 2015.7.27

information

サイト運営者

サイトマップ